足水虫3つの種類と症状そして適した薬の剤型

足水虫の3つの種類と症状そして最適な薬の剤型

足水虫3つの種類と症状そして適した薬のタイプ


足の水虫なったみたいだけど、どういう薬が適している?

と悩んでいませんか?

足の水虫には3種類あり、それぞれの症状によって薬のタイプ(剤型)を選ぶと効果的。

でも最初に水虫かどうかの正確な判断を皮膚科で行ってもらうことが実は最も重要です。

なぜなら、日本皮膚科学会ガイドラインによると

【水虫を疑ったら皮膚科に行くべき理由】

足の水虫と思って皮膚科を受診した人の13~33%は水虫以外の病気で、実は湿疹や皮膚炎だった。

ということが報告されているからです。

でも市販薬を試したいという場合もありますよね。

この記事では

【この記事の内容】

  • 足水虫の3つの種類と症状
  • 足水虫の種類に適した市販薬の剤型

を私の経験からご紹介したいと思います。

趾間型(しかんがた)は指の間の水虫

しかんがた水虫

趾間型(しかんがた)水虫とは

【趾間型水虫とは】

足の指の間にできる水虫

です。

特に小指と薬指の間に多く発症します。

【趾間型水虫が小指と薬指の間にできやすい理由】

なぜなら小指と薬指の間が一番くっついているので蒸れやすくなって

水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)というカビが繁殖しやすい環境だからです。

趾間型の中でも

【趾間型水虫の2つの種類】

  1. じゅくじゅくタイプの湿潤(しつじゅん)型
  2. かさかさタイプの乾燥型

があります。

しかんがた水虫の例

出典:細谷皮膚科クリニック

趾間型水虫の症状

趾間型水虫はこのような症状が特徴です。

【趾間型水虫の症状の特徴】

  • 皮がむける
  • 白くなる
  • 痛かゆい
  • ムズムズする
  • 切れる
  • ただれている
  • かさかさする
  • かゆみがないこともあります。

趾間型水虫におすすめの薬のタイプ

指の間の水虫に市販薬を使うときは症状が

【趾間型水虫に使う市販薬のタイプの決め方】

  • ジュクジュクなのか、かさかさなのか?
  • 皮がむけていないかどうか?

でタイプを決めましょう。

  • ジュクジュクの湿潤型で皮がむけている場合

→刺激の少ない軟膏タイプクリームタイプがおすすめです。

液体はしみますのでおすすめできません!

  • 湿潤型で皮がむけていない場合、カサカサの乾燥型には

→狙ったところに塗れる液体タイプ、またはクリームタイプがおすすめです。

小水泡型(しょうすいほうがた)は水ぶくれタイプ

小水疱型水虫とは

【小水疱型水虫とは】

足の裏の土踏まず、前の方、側面(外側、内側)などに水ぶくれができる水虫

です。

小水疱型水虫

小水疱型水虫の症状

小水疱型水虫はこのような症状が特徴です。

【小水疱型水虫の症状の特徴】

  • 足の裏、土踏まずや側面に赤いぽつぽつとした水泡。
  • 強いかゆみがあることが多い。

小さな水疱はつぶさないようにしましょう。

そこからばい菌が入って、化膿する恐れがあります。

水疱が潰れると、白や黄色の汁が出てきて、広がるんじゃないかな?

と心配になりますがこの汁は白癬菌ではありませんので、この汁から水虫がうつることはありません。

小水疱型水虫の水疱

出典:大阪府済生会 富田林病院

 

もし水疱が大きくなってきて、あずき大ほどになった場合はつぶしたほうがいいようです。

でも自分でつぶすと雑菌が入る可能性があり、水疱が水虫でない可能性もあります。

自己判断せずに皮膚科で処置してもらいましょう。

小水疱型水虫におすすめの薬のタイプ

小水疱型水虫の市販薬を選ぶときは

【小水疱型水虫に使う市販薬のタイプの決め方】

  • 水泡がつぶれていて皮がむけているか
  • もしくは水泡がつぶれていないか

で適した薬のタイプが決まります。

  • 水疱がつぶれていない場合

→クリームタイプ液体タイプが向いています。

クリームタイプは成分がとどまる時間が長いので特におすすめです。

  • 水疱がつぶれている場合はしみることがありますので

→刺激の少ない軟膏タイプクリームタイプパウダータイプがおすすめです。

軟膏タイプは油分が多く配合されていて有効成分がとどまっていいのですが、ちょっとべたつきます。

塗った後に靴下をはくと床につきません。

角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)はカサカサ

角質増殖型水虫とは

【角質増殖型水虫とは】

足の裏全体、特にかかとにできる水虫

です。

かかとによくできるので、別名かかと水虫と呼ばれます。

かかと水虫

角質増殖型水虫の症状

角質増殖型水虫はこのような症状が特徴です。

【角質増殖型水虫の症状の特徴】

  • かかとの皮膚が厚くなる
  • 皮膚がとても乾燥している
  • 皮膚が白っぽくなる
  • ザラザラしている
  • 割れる
  • 皮膚がボロボロとはがれる
  • かゆみはほとんどありません。

角質増殖型はかゆみがほとんどないため、自覚症状がない方が多く

気づかない間に周りにうつしているケースがあります。

角質増殖型水虫

出典:ワタナベ皮膚科

角質増殖型水虫におすすめの薬のタイプ

角質増殖型水虫は

かかとの厚い角質の下に白癬菌がいるので、市販の塗り薬では浸透しにくい

のが問題です。

そのため皮膚科の飲み薬や塗り薬で治療するのが一番効果的です。

ただ水虫の飲み薬は肝臓などに負担がかかる場合があるので、専門医としっかり相談しましょう。

市販薬で治療する場合は

【角質増殖型に適した市販薬】

尿素という皮膚を柔らかくする成分が配合されたクリームタイプがおすすめです。

足水虫の3つの種類のまとめ

足水虫の3つの種類と症状

今回は足の水虫の3つの種類と適している薬の剤型をご紹介しました。

【足の水虫の種類と適した剤型のまとめ】

  • 足の指の間の趾間型

皮がむけているかどうかでクリーム、軟膏、液体タイプから

  • 水ぶくれができる小水疱型

みずぶくれがつぶれているかどうかで、軟膏タイプ、クリームタイプ、パウダータイプ、液体タイプから

  • かかとがガサガサの角質増殖型

尿素入りのクリームタイプ

いずれのタイプも正しく治療を続ければ完治しますので、悩まないでさっそく治療を始めましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

水虫とは

水虫の種類や感染経路と完治の方法を知ってキレイな足を取り戻そう

水虫ができる体の場所

水虫は足だけじゃない!水虫ができる体の場所と症状そして治し方