水虫は洗濯でうつる?水虫のついた靴下と一緒に洗うのは大丈夫?

水虫は洗濯でうつる?

水虫は洗濯でうつる?


水虫の家族がいるけど、洗濯は一緒にしても大丈夫かな?

と洗濯を介して他の家族にうつらないか心配になっていませんか?

この記事では

【この記事の内容】

  • 水虫は洗濯でうつるか?
  • 洗濯の後により確実に水虫菌を取り除く方法

をご紹介します。

ぜひ参考にして家庭内での水虫の感染を防いでくださいね。

洗濯で水虫はうつらない

水虫にはまめな洗濯が効果的

結果からいうと、水虫は洗濯ではうつりません。

皮膚科の先生も口をそろえて

一緒に洗濯しても大丈夫

とおっしゃっています。

その理由は

【水虫が洗濯でうつらない理由】

水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)は水で流れ落ちていくから

です。

分けて洗濯するのは面倒だし不経済なのでうれしいですね。

こんな実験結果があります。

2013年にイスラエルで行われた実験では、81人の足水虫の患者さんの靴下を借りて、40度と60度のお湯で洗濯しました。

【洗濯でどれくら水虫菌がなくなるかの実験結果】

  • 40度で洗った場合は81足中4足の靴下に白癬菌が残っていました。
  • 60度で洗った場合はどの靴下には白癬菌は残っていませんでした。

この結果から、洗濯すればほとんどの白癬菌は靴下から流れ落ちていると解釈できるでしょう。

そしてこの実験からはもう一つ

【白癬菌が殺菌される温度】

白癬菌は60度ほどで死滅する

ことがわかりました。

このようなことから家族の中に水虫の方がいる場合、靴下やタオル、バスマットをこまめに洗濯することは他の家族の方の予防にとても効果的です。

白癬菌は水で流れていきますが完璧に殺菌するために、洗った後は

天日干しをしてしっかり乾燥させる

ことが大切です。

乾燥機を使うと水虫対策は完璧!

実験結果からも白癬菌は60度くらいで死滅するということがわかっています。

なのでもし乾燥機があって、安全に60度以上に設定できるようであれば

【洗濯と合わせて白癬菌を完璧に殺菌する方法】

乾燥機で乾かす

ことによって水虫の原因である白癬菌を完璧に取り除くことができます。

乾燥機に入れる前に、乾燥機を使っても大丈夫な素材かどうかを確認しましょう。

室内干ししかできない時はアイロンを使おう

室内干ししかできないときの水虫予防

天日干しができない場合もありますよね。

洗濯で白癬菌は流れ落ちてるといっても、室内干ししかできない場合は除菌、殺菌できているか不安ではないでしょうか?

そんな場合は

【室内干ししかできないときの水虫対策】

アイロンをかけて白癬菌を死滅させる

のも効果的です。

アイロンは低温設定でも80度以上ありますので、白癬菌を除菌するのにはもってこいです。

水虫菌を排除する洗濯の方法

水虫菌を取り除くためには普通に水で、洗剤を入れてすべて一緒に洗濯して大丈夫です。

コツとしては

【水虫の家族がいる場合の靴下の洗い方のコツ】

  • 靴下のつま先あたりの白癬菌がきれいに流れ落ちるように、靴下は裏返して洗濯するのがおすすめです。

そして、もし白癬菌が残っていた場合のために、乾燥や紫外線に弱いといわれる白癬菌をしっかり日光にあてて乾かせばOK!

そして洗濯前の靴下などを触った後は、石鹸で両手を洗いましょう。

洗濯で水虫はうつる?のまとめ

水虫の効果的な薬は抗真菌薬

家族に水虫の人がいる場合に一番悩むのは洗濯ではないでしょうか?

でも大丈夫、一緒に洗ってしっかり乾かせば白癬菌はほぼ残っていません。

それよりも予防に大切なのは

【家族に水虫の人がいる場合に気を付けるポイント】

  1. バスマットやスリッパを共用しない
  2. 床はまめに掃除機をかける

この2点に気を付けて家族内での感染を防ぎましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

水虫の予防9つの方法

水虫に絶対なりたくないなら必見!水虫予防や再発を防ぐ9つの方法